貸切バスで行く 岩手県世界遺産めぐり 平泉方面

岩手県の面積は日本の中でも北海道の次に広く、そして県の中では一番広い県です。
そのような広い岩手県を観光するには、公共交通機関やレンタカーなどを借りて行くのもよいですが、団体で観光するには貸切バスが大変便利です。

時間が決められている路線バスや電車を利用するより、貸切バスでの移動は時間を気にすることもありません。貸切バスの出発場所は駅や空港はもちろん、お客様の宿泊場所や滞在地など、どこからでも出発可能。そしてご希望観光スポットまで専用の運転士付きで送迎します。
ぜひ、岩手県での観光には、貸切バスでの移動をおすすめします。

貸切バス  

貸切バスで行く 岩手県 世界遺産めぐり 平泉方面

岩手県には、雄大な自然と美しい太平洋の沿岸はもちろん、世界文化遺産や天然記念物に指定されている観光名所が多くあります。

今回は数多くある岩手県の観光名所の中から、移動に便利な貸切バスで行く「世界文化遺産と自然を堪能できる観光スポット」をご紹介します。
貸切バスの駐車場についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

それでは、早速いってみましょう。

平泉・中尊寺金色堂と貸切バス駐車場について

中尊寺  

岩手県へ観光に訪れるなら必ず立ち寄りたい人気観光名所が、世界文化遺産にもなっている「中尊寺」です。
こちらは歴史の教科書で学んだことがあるのではないでしょうか。
中尊寺の見どころはなんといっても「金色堂」です。1124年に建立された「金色堂」は豪華絢爛そのもの。日本人のみならず、海外の観光客をも魅了します。歴史の教科書の写真とは大違いの輝きに驚かされます。

「金色堂」を拝むには、まず貸切バス駐車場を降り、月見坂と呼ばれる坂を登っていかなくてはなりません。その坂は思いのほか距離が長く、勾配もありますので、歩くのが辛いという方には、坂の途中まで貸切バスで連れて行ってもらうことをおススメします。

中尊寺  

中尊寺は「金色堂」の他、平安時代の美術や工芸品が3,000点余りの多くの重要文化財を保有しており、「弁慶堂」や「薬師堂」など歴史ある建造物がたくさんあるので、観るところを決めてから回るとよいでしょう。

なお、境内には写真に収めたい魅力が満載ですが、金色堂内部は写真撮影はNGとなっていますのでご注意ください。
では、中尊寺に行った際の拝観料金と貸切バス駐車場についてご案内します。

■中尊寺 拝観料 一人あたりの料金
こちらの拝観料は、讃衡蔵・金色堂・経蔵・旧覆堂を拝観いただけます。

  一般 団体割引30名以上
大人 ¥800 ¥720
高校生 ¥500 ¥450
中学生 ¥300 ¥270
小学生 ¥200 ¥180
 

■貸切バス駐車場と料金
中尊寺へ観光に行った際の貸切バス駐車場は「第一駐車場」「第二駐車場」となります。
駐車場から本堂までは少し距離がありますが、一般的に月見坂をゆっくりと歩きながら、移動しているそうです。歩く距離を少しでも短くしたい場合は、坂の途中までバスが入ることができ、降車場所もありますので、そちらで貸切バスを降車することもできます。当日貸切バスの運転士とご相談してみて決めることもできます。

第一駐車場 (本堂まで約850m)
住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関34-2
営業時間 3~11月 8:30~17:00 / 12~2月 8:30~16:30
電話番号 0191-46-2008
休業日 年中無休
予約について 予約不可
駐車場料金 大型車¥950 マイクロ¥800
 
第二駐車場  (本堂まで約700m)
住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字坂下29-9
営業時間 3~11月 8:30~17:00 / 12~2月 8:30~16:30
電話番号 0191-46-5178
休業日 12~3月 不定期休日あり
予約について 予約不可
駐車場料金 大型車¥950 マイクロ¥800
 

<基本情報>
中尊寺 金色堂(世界文化遺産)
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
TEL:0191-46-2211
営業時間:3月1日~11月3日 8:30~17:00
11月4日~2月28日 8:30~16:30

毛越寺・浄土庭園と貸切バス駐車場について

毛越寺は2011年に世界文化遺産として登録されています。
また、特別史跡と特別名勝の二重指定を受けています。

中尊寺から毛越寺までは徒歩で20分程度。もちろん徒歩で行くこともできますが、すでに中尊寺での坂道などで歩き疲れた~という方には貸切バスでの移動がおすすめです。

さて、平安時代の庭園「毛越寺浄土庭園」を鑑賞してみましょう。

毛越寺浄土庭園  
その静けさと美しさに心が穏やかになります。
毛越寺浄土庭園は、極楽浄土をこの世に再現しようとして造られたもので、現在は大泉が池を中心とし、周辺には立石や枯山水風といった石組みなどの自然の景観が表現されています。
四季によって色々な表情がみられますよ。  

では、毛越寺に貸切バスで行った際の拝観料金と貸切バス駐車場についてご案内します。

■毛越寺拝観料 一人あたりの料金
  一般 団体割引30名以上
大人 ¥500 ¥450
高校生 ¥300 ¥270
小・中学生 ¥100 ¥90
 

■貸切バス駐車場と料金
毛越寺に観光に行った際の貸切バス駐車場は「町営毛越寺駐車場」となります。

町営毛越寺駐車場
住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢61-2
営業時間 8:30~17:00
電話番号 0191-46-2078
休業日 年中無休
予約について 予約不可・基本的に当日行くと駐車できます。
駐車場料金 予約不可・基本的に当日行くと駐車できます。
 

<基本情報>
毛越寺 浄土庭園(世界文化遺産)
岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58
TEL: 0191-46-2331
営業時間:3月5日~11月4日 8:30~17:00
11月5日~3月4日 8:30~16:30
休業日:年中無休 
拝観料:大人¥500・高校生¥300・小・中学生¥100
    団体(30名以上)
大人¥450・高校生¥270・小・中学生¥900

厳美渓と貸切バス駐車場について

1927年に名勝・天然記念物にも指定されています。
磐井川付近には、もうひとつ「猊鼻渓」という景勝地があります。こちらも名勝・天然記念物に指定されています。
どちらへ行かれるのかお間違えないようご注意くださいね。

貸切バスで厳美渓へ訪れるベストシーズンは春の桜と紅葉がきれいな時期でしょう。
冬は閑散としているのであまりおすすめではありません。

そして、厳美渓の名物グルメの「空飛ぶ団子」。渓谷にある休憩所でワイヤーロープにつながれたカゴに代金を入れて渡すと、反対岸にあるお店から、カゴに入った団子がワイヤーロープを伝って運ばれる仕組みになっています。
まるで団子が空中を飛んでいるよう。大人にもお子様にも大人気です。
団子の種類はみたらし団子・ごま団子・あん団子の3種類で、3本セットになっています。お茶も一緒についてきます。
観るもよし、食べてもよし。ぜひ厳美渓へ行かれてみてはいかがでしょうか。

厳美渓へ貸切バスで行った際の貸切バス駐車場についてご案内します。

■厳美渓の周辺貸切バスおすすめ駐車場 厳美渓  

ご紹介する貸切バス駐車場には、トイレが併設されているので便利です。

駐車場 厳美渓からの距離 駐車場料金
自然休養村管理センター(市営駐車場) 徒歩5分 無料
道の駅 厳美渓 徒歩10分 無料
 

<基本情報>
厳美渓
岩手県一関市厳美町滝ノ上地内

~周辺の観光施設~
厳美渓の近くにある「サハラガラスパーク」は、世界から集められたガラスアートが展示されている施設です。お土産に購入することもできるのでちょっと立ち寄るにもおすすめですよ。

■サハラガラスパーク
岩手県一関市厳美町滝ノ上263-1
営業時間 9:00~18:00
休業日:年末
大人:入場料無料
その他:吹きガラス体験3,150円~
貸切バス駐車場:あり

貸切バスモデルコースと貸切バス料金

今回ご紹介した観光名所を、貸切バスで回った場合のモデルコースと、貸切バス料金をご紹介します。

【モデルコース】
盛岡駅⇒平泉中尊寺・金色堂⇒毛越寺・浄土庭園~厳美渓⇒一関市内ホテル

所要時間 約6時間
マイクロバス(正席21+補助席6) ¥49,000~
小型バス(正席24+補助席なし) ¥50,000~
中型バス(正席27+補助席なし) ¥59,000~
大型バス(正席45+補助席8~10) ¥68,000~
 

※バス代金には、運転士1名・燃料代金が含まれています。
※有料道路代金・拝観料・バス駐車場代金は含まれておりません。
※消費税は含まれておりません。

                 

貸切バスは、団体でご旅行される移動手段としては、とても便利で快適な乗り物です。

・路線バスや電車とも異なり、他のお客様と一緒に乗車することはありません。
・利用人数が多ければ多い程、1名あたりの交通利用料金が安い。
・歩き疲れたら、移動中、貸切バスの中で休憩できる
・観光地域に詳しい運転士なので、安心して任せられる

ぜひ団体で岩手県を旅行するなら、貸切バスを利用してみてはいかがでしょうか。

バスコンシェルジュは、全国でご利用される貸切バスのお見積り・手配を承っています。
いつでもお気軽にお問合せください。