秋田県 貸切バスでドライブin 男鹿半島(おがはんとう)

秋田県の北西部に位置する男鹿半島(おがはんとう)。男鹿半島には、秋田県を語るのに必要な観光スポットがいくつかあります。団体で移動するならレンタカーやタクシーでそれぞれ観光するより、地元に詳しいドライバーさん付の貸切バスがおすすめです。
貸切バスに乗って団体でドライブ気分を味わってみましょう。

男鹿半島  

秋田県 貸切バスでドライブin 男鹿半島(おがはんとう)

男鹿半島に貸切バスで行くならかかせない観光スポット!
バスコンシェルジュが厳選したおすすめ観光スポットをご紹介します。
今回は、日本海を見渡せる男鹿半島を貸切バスで巡ってみましょう。

なまはげ館/男鹿伝承館

なまはげ館

「男鹿のなまはげ」は、国の重要無形民俗文化財に指定、また2018年にユネスコ無形文化遺産「来訪神・仮面・仮装の神々」のひとつとして登録されています。

なまはげ  

男鹿全域では古くから受け継がれている行事があります。その中のひとつがなまはげ行事。
神々の使いとされるなまはげが大晦日に「怠け者はいねがー、泣く子はいねがー」と大声で家々を練り歩き、厄災を祓ったり、豊作を願ったり、家族に良いことがあるように来訪する行事です。

お正月のテレビでもなまはげが家にあらわれて、泣き泣き恐れている子供の映像をみることがありますよね。大人でもちょっと怖い。

こちらの「なまはげ館」では「男鹿のなまはげ」について詳しく教えてくれます。地域ごとに異なるなまはげの面なども観られるのも面白いですよ。なまはげに変身できるコーナーもあります。男鹿の伝統を学びながらも色々と楽しめそうですね。

男鹿真山伝承館

なまはげ行事を実際に体験してみたいのなら、なまはげ館から貸切バスで10分、「男鹿真山伝承館」へ行ってみるのもおすすめです。

男鹿真山伝承館」は男鹿地方の民家を再現している建造物で、なまはげ習俗が体感できます。伝統行事である「なまはげ」が再現されるので、家の中で「なまはげ」が暴れる様子を近くで体感することができます。
学習講座は1日に6回。平日・土日祝日と時間が決められています。
団体で行く場合は事前に予約をしておいたほうがスムーズにみることができます。

時間に余裕があれば、なまはげ館と男鹿真山伝承館の共通入館料がお得に販売されているので、ぜひご利用してみてくださいね。

【なまはげ館】
秋田県男鹿市北浦真山北浦 真山水喰沢
TEL:0185-22-5050
営業時間8:30~17:00(年中無休)
入館料:大人¥550小中高生¥275 
    15名様以上の団体495円(小・中高生220円)
バス駐車場:あり

【男鹿真山伝承館】
秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97
営業時間8:30~17:00
バス駐車場:あり
入館料:大人¥770小中高生¥550 
    15名様以上の団体660円(小・中高生440円)

※なまはげ館・男鹿真山伝承館の共通入館料があります。

<4~11月>
大人¥880小中高生¥550 
15名様以上の団体¥825(小・中高生¥440)
30名様以上の団体¥770

<12~3月>
大人¥1,000 小・中高生¥770

   

秋田最北端・日本海を望む絶景観光スポット

男鹿半島といえば、雄大な日本海を望む景色も魅力のひとつ。
きれいな景色がみられる人気絶景スポットを紹介します。

灯台  

入道崎

男鹿半島の最北端に位置する岬。芝生が広がりその中に灯台がたっています。周辺には、お土産店やお食事処もあるので、行楽シーズンは沢山の観光客でにぎわいます。

★グルメ情報★男鹿半島名物 石焼き料理
入道崎の近くに「入道崎 海陽」というお店があります。こちらでは男鹿半島名物の石焼き料理が食べられます。

男鹿半島名物 石焼き料理とは?
木の桶に男鹿でとれた新鮮な海の幸と野菜などを入れ、約400度に熱した石をその中に入れ、瞬間沸騰させて食べる料理。素材の持ち味を楽しむという男鹿に伝わる豪快料理です。
一般的に味噌味が多いようですが、こちらのお店では味噌味とチゲ味を選ぶことができます。
入洞崎はもちろん、男鹿半島に行ったら、ぜひ「男鹿半島名物 石焼き料理」を食してみてください。

ゴジラ岩

あのゴジラに男鹿で見にに行ってみませんか。
入道崎から貸切バスで20分。ゴジラの横顔にそっくりな岩があわられます。夕暮れになるとよりリアル感がある人気の観光名所です。

寒風山

標高355mの山。その名のごとくいつ行っても風が強くとても寒い。
360度動く展望台(有料)があるので室内からゆっくりと景色を眺めることができますし、展望台にあがらなくても十分に美しい景色が観られるので男鹿半島に行ったら必ず立ち寄りたいスポットです。

寒風山  

天気がよいとパラグライダーをしている人がみられるかも。

【入道崎】
秋田県男鹿市北浦入道崎
営業時間:灯台は9:00~16:00
バス駐車場:あり

【入道崎 海陽(男鹿名物 石焼き料理)】
秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦2-71
TEL: 0185-38-2530
営業期間:4~11月
営業時間:8:00~17:00(時期によって異なりますので事前にお問合せください。)
バス駐車場:あり

【寒風山】
秋田県男鹿市脇本富永
営業時間:展望台は8:30~17:00
バス駐車場:あり

【ゴジラ岩】
秋田県男鹿市船川港本山門前

ホッキョクグマに会いに行こう!

男鹿水族館GAO

男鹿半島の西側にある男鹿水族館。秋田県近海に生息する魚がみることができます。ハタハタも飼育されています。珍しい。

またアマゾンの生き物やクラゲ・ペンギン・アザラシ、そしてシロクマなどその他色々な種類の生き物が展示されています。

ホッキョクグマ  

館内はコンパクトですが、小さなお子様も連れて行きやすく大人もとても楽しめる水族館です。こちらのレストランから観る景色もとてもきれい。男鹿半島はどこに行っても景色が良いのは嬉しい~

そして、気付いていましたか?GAOを逆さに読んでみてください!・・・あっ!
ぜひ男鹿半島の貸切バスの観光コースに「男鹿水族館GAO」おすすめですよ~

クラゲ  

【男鹿水族館GAO】
秋田県男鹿市戸賀塩浜
TEL:0185-32-2221
営業時間:9:00~17:00/9:00~16:30 ※日によって異なるので事前にお問合せください。
入場料:大人¥1,100 小・中学生¥400(団体割引:大人¥1,000 小・中学生¥350)
※団体で来館する際は事前に予約をお願いします。

   

貸切バス男鹿半島1日観光コース紹介

さて、今回ご紹介した男鹿半島のおすすめ観光スポットを貸切バスで巡るとどのようなコースになるのかご案内します。

◆1日観光プラン
【コース】
男鹿温泉~なまはげ館・伝承館~入道崎~男鹿水族館GAO~ゴジラ岩~寒風山~秋田駅

男鹿温泉を出発。(8:00発)
貸切バスで約10分、なまはげ館へ到着。(8:10着/10:30発)
なまはげ館から貸切バスで20分、入道崎へ到着。(10:50着/12:00発)
入道崎から貸切バスで15分。男鹿水族館GAOへ到着。(12:15着/14:00発)
男鹿水族館GAOから貸切バスで20分。ゴジラ岩へ到着。(14:20着/14:40発)
ゴジラ岩から貸切バスで40分。寒風山へ到着。(15:20着/16:20発)
寒風山から貸切バスで約60分。秋田駅に到着。(17:20着)

今回ご案内したコースは、朝8時から17時30分頃までと少々長い観光コースとなりました。
貸切バスは乗車人数によって利用するバスの大きさが変わります。
また、貸切バス代金もコース(行程内容)や利用時間によって変わります。
今回ご紹介したコースを参考にして頂き、具体的な行程内容の計画を立てたら、ぜひ一度バスコンシェルジュへお見積もりのご相談をください。(お見積もりは無料でございます)
ご予算によってコースや時間を変更したりすることもできます。
お見積もり・ご予約お待ちしております。