【北海道】函館周辺観光のおすすめコースと貸切バス代金のご紹介

こんにちは!バスコンシェルジュお見積り担当の田中です。 今回は函館の観光コースと、お勧めのカフェ・ホテルのご紹介です。

弊社のお客様で函館での貸切バスをご利用いただく際は、函館北斗駅・函館駅など市内までの片道のお送りや、函館市内でのご観光が圧倒的にご利用が多いです。 本州からも新幹線が開通し、ますます函館観光が身近になりましたね。

函館のお勧め観光コースや貸切バス代金のご紹介もありますので、これからお出かけをお考えの方、貸切バスでなくてもお車でのご観光をお考えの方の参考に少しでもなれば幸いです。

【北海道】函館周辺観光のおすすめコースと貸切バス代金のご紹介

では早速、コースを見ていきましょう。

五稜郭・日帰り温泉を楽しめるコース

函館空港(10時出発)~函館朝市~五稜郭~どさんこファーム~湯の浜ホテル日帰り入浴~函館空港(18時到着)

北海道函館空港から、海をながめながら貸切バスで揺られること20分、函館朝市に到着します。
朝市と名前がついていますが、14時頃まで、年中無休で営業されています。
朝市では活気のある雰囲気で、お兄さんと仲良くなれば鮮魚のお値引きをしてもらえることがあるかもしれません♪

また、函館駅周辺は新しいお店が次々とできていて、インスタ映えしそうなスイーツなどもたくさんありますので、お時間があれば駅周辺の食べ歩きも楽しいですよ。

さて、朝市を楽しんだ後は、五稜郭へ移動です。五稜郭タワー展望台からは、函館市内と函館山、津軽海峡が一望できます。
また、星形の特別史跡五稜郭ももちろん綺麗にご覧いただけますよ。

五稜郭タワー展望台  

こちらは夜ライトアップされた五稜郭タワー展望台です。
水面に反射したタワーが綺麗です。

五稜郭公園は無料で見学ができます。(箱館奉行所へは入館料500円)
五稜郭タワーは通常おひとり¥900ですが、30名様から団体割引適用でおひとり¥810となります。

【五稜郭タワー展望料金一覧】

五稜郭周辺には飲食店も多く、このあたりでランチを挟んでも良いと思います。
函館で手軽に食べられるランチといえば、ラッキーピエロが有名です。

ピエロ  

ラッキーピエロは地産地消に取り組んでいて、函館でしか食べられないご当地バーガーがあります。
チーズのかかったポテトもおいしいです。

ハンバーガー  

五稜郭周辺からバスで20分、函館どさんこファームでは乗馬の体験をすることができます。
30分~5時間のコースが用意されていますので、是非かわいい馬と自然に癒されてください♪

函館では日帰り温泉を楽しむこともできます。
どさんこファームからバスで20分、日帰り入浴ができる施設である、湯の浜ホテルをご紹介します。

【湯の浜ホテル】

源泉かけ流しで、オーシャンビューとシティビューの湯があります。
時間によって男女入れ替え制となっていてどちらの湯からも絶景が広がります。

湯の川温泉は函館市街地から空港側になりますので、その日の終着地によってコースをアレンジしてみてください。湯の川温泉からは、10分程度で函館空港に到着します。

函館山周辺満喫コース

函館空港(10時出発)~函館山周辺教会エリア~懐石の里 煌(きら)~金森赤レンガ・旧茶屋亭~函館山ロープウェイ~函館空港(18時到着)

函館空港から約20分、函館山周辺の教会の多いエリアに到着します。
ペリー来航で開港された港であるため、函館には教会が多く建ち並んでいます。
宗派によって違う教会を眺めながら町を散策するのもたのしいですよ。

函館山周辺で私がお勧めしたいお食事場所は、「懐石の里 煌(きら)」です。

懐石の里 煌(きら)  

昼の部と夜の部がありますので、ランチでもディナーでも利用できます。
私が利用したのは夜の部だったのですが、夜は入り口から見える夜景が美しく、
昼の部であれば街並みと津軽海峡が一望できますよ。

津軽海峡の夜景  

店内は個室になっていますので、ゆっくりとお食事を頂けます。

懐石の里 煌の個室  

丸い窓からみえる函館の景色が美しいです。。

料理一覧  

どのお料理も大変美しく、おいしかったです。
ランチの後は、ベイエリアに移動して金森赤レンガ倉庫へ。

赤レンガ倉庫  

倉庫内はセレクトショップや函館のお土産店、レストランやカフェが連なっています。
倉庫の間を流れる運河からは、函館湾を1周する15分間のベイクルーズ体験もできますよ。
また倉庫外観も美しいので、記念撮影のスポットにもよさそうです。
雪のある時期であれば、赤レンガ倉庫に積もった白い雪もまた、味わい深いですよ。

赤レンガ倉庫の雪景色  

赤レンガ倉庫から開港通り方面へ少し進むと、「旧茶屋亭」があります。
こちらは和洋折衷の外観と調度品、店内では日本茶と和菓子を楽しむことができます。

ケーキセット  

静かで落ち着いた空間でケーキセットをいただきました。
旧茶屋亭をあとに、函館山ロープウェイへ向かいます。

函館山  

夜景が有名ですが、昼の景色も開放的で美しいですよ。
また夕方であれば、市街地の展望とは反対の西側で、日の入りが見えます。
日の入りから夜にかけては、夜景を見にたくさんのお客様が集まります。

市街地の夜景  

ロープウェイも混み合いますので、余裕をもった時間設定が安心ですね。
函館山ロープウェイから函館空港までは20分程度の道のりです。

函館ベイアリアでお勧めのホテル ラビスタ函館ベイ

私が函館を訪れたときは、ほぼベイエリアのラビスタ函館ベイに泊まっています。
ラビスタ函館ベイといえば、口コミサイトでの朝食ランキングの1位を何度も獲得しています。

ビュッフェ   ※こちらは何年か前のビュッフェ台の写真です。

現在(2020年8月)は、ブッフェ形式から盛り合わせに変更になっており、セルフではなくスタッフの方が取り分けてくださる形に変更されているとのことです。
とはいえ、好きなだけいくらが食べられるのは至福です♪

イクラ丼  

魚卵好きの私としては、朝食のいくらかけ放題が大変魅力的なのはもちろんなのですが、、、
混み合いがちなチェックインアウト時にコーヒーがいただけたり、お風呂上がりにくつろげるラウンジに、サービスのアイスキャンディーが用意されていたり。

ラビスタ函館ベイの部屋  

また部屋では大きな窓から函館山を眺めながら、部屋でゆっくりできるよう小分けのコーヒー豆と、手動のミル、小さなお菓子が用意押されています。

その他にも細かな気遣いが随所に感じられ、ホスピタリティの高さに毎回感動してしまいます。

コーヒーセット  

貸切バス代金のご紹介

さて、函館観光の2つのコースをご紹介しました。
貸切バスで上記のコースを回った場合、どれくらいの料金になるのでしょうか。

貸切バスは、1台ごとの借上げ料金となりますので、マイクロバス、中型バス、大型バスの参考料金を見てみましょう。

貸切バス  

1.五稜郭・日帰り温泉を楽しめるコース(40㎞で計算)
マイクロバス:¥42,000(税別)~/20名での利用でお一人¥2,100(税別)~
中型バス:¥49,000(税別)~/25名での利用でお一人¥1,960(税別)~
大型バス:¥58,000(税別)程度/40名での利用でお一人¥1,450(税別)~
(※高速代や施設代金は別途)。

2.函館山周辺満喫コース(30㎞で計算)
マイクロバス:¥41,000(税別)~/20名での利用でお一人¥2,050(税別)~
中型バス:¥48,000(税別)~/25名での利用でお一人¥1,920(税別)~
大型バス:¥57,000(税別)~/40名での利用でお一人¥1,425(税別)~
(※高速代や施設代金は別途)。

函館周辺であれば、それぞれ上記程度の金額で運行が可能です。
貸切バスの料金は、ご利用時間と距離、内容や出発日によっても変わってきますので、
お見積りが必要な際はバスコンシェルジュへご相談ください。
お見積りは無料です!

団体様のご旅行であれば、貸切バスが断然便利ですよ!

北海道観光(函館空港発着編)のまとめ

いかがでしたでしょうか。

函館市内の観光であれば、遠くない距離にたくさんの観光施設や飲食店が集中していますので、
1日でも様々な体験ができますよ。

貸切バスであれば、歩きまわって疲れてしまったり、はたまたお酒を飲んだ場合であっても、
運転はプロのドライバーさんにお任せできますので安心です。

それぞれの場所を回る際も、重い荷物はバスにおいておけますので身軽ですね♪
※念のため貴重品はお客様にておもちください。

おみやげをたくさん買った場合も、大型バスや中型バスであればバス下部のトランクスペースにたっぷり収納ができますよ。

四季を通しての函館の景色も、様々に移り変わってどの季節も魅力的です。
是非お気に入りのスポットを見つけて、素敵な思い出を作ってください!