貸切バスで行く石川観光~能登・和倉温泉編~

こんにちは!
石川県の中でも能登半島は丘陵地帯になっており、平地が少ない場所です。
広い範囲が国定公園に指定されていて、雄大な自然を満喫できます。
バスコンシェルジュで貸切バスをご利用されているお客様も、石川県を訪れるときには1日は能登半島をまわりたい、という方が多くいらっしゃいます。

貸切バスなら大きな荷物を持って観光地を歩く必要も無いですし、自分達で行程内容を考えられるので、行きたい場所にだけ行くことができます。

今回は貸切バスで行く、能登半島で人気の観光スポットを4か所ご紹介します!

貸切バスで行く石川観光~能登・和倉温泉編~

日本海に突出している能登半島は、地図を見た時にも特徴的な形をしています。
日本海側の半島としては最大の面積を誇っています。

能登半島で生まれた「輪島塗」は日本を代表する伝統工芸品です。光沢のある黒や赤の漆器に金色の装飾が美しい装飾を施す高級品として、全国的にも人気と知名度が高くあります。

こうした伝統と雄大な自然を味わい、のんびりと過ごせるのが能登半島の観光の魅力と言えるでしょう。

砂浜を走る!千里浜なぎさドライブウェイ

金沢から能登半島へ向かう途中、羽咋市千里浜町から羽咋郡宝達志水町には、全国でも珍しい自然の砂浜を走ることができるドライブコースがあります。
能登半島国定公園に指定されている、日本海の景色も美しい全長約8kmの長い砂浜を車で走行する光景はまさしく非日常。
車で走行できる秘密は砂の粒子の細かさ。
非常に細かい砂一粒一粒が水を吸収し引き締まっているので、4WDでないノーマルタイヤの普通車や貸切バスでも走行可能です。

千里浜なぎさ   【写真提供:石川県観光連盟】

 

自然の砂浜ですので、波が高い場合など気象条件によっては走行ができない場合もあります。
当日の状況によって変わりますので、走行前に「石川みち情報ネット」で規制状況を確認してから行きましょう。
石川みち情報ネット:https://douro.pref.ishikawa.lg.jp/

海の温泉・和倉温泉

七尾市にある和倉温泉は、1,200年の歴史がある温泉街です。

和倉温泉   【写真提供:石川県観光連盟】

 

温泉は火山活動によって湧き出るため、一般的に山あいに湧き出ることが多いのですが、和倉温泉は全国でも珍しい「海の温泉」なんです。
806~810年頃に最初に温泉が湧き出た後、地殻変動により沖合60mほどの海中に湧き口が移動したと伝えられます。
それから時を経た1050年頃、和倉湾の沖合でシラサギが傷ついた足を癒す姿を見た漁師夫婦が近づいてみたところ、その付近から温泉が湧き出ているのを発見したと言い伝えられています。
加賀藩2代藩主の前田利長が腫れ物で困っていた際に湯を取り寄せたことから、湯治の湯として評判が広まりました。
3代藩主の利常の頃には整備が始まり、人気の温泉街へと発展していきます。

和倉温泉は、「殺菌効果」「保温効果」「美肌効果」という海の温泉ならではの塩の恵みによる効能があります。
傷や皮膚病に作用し、塩分が皮膚に付着することにより蒸発を防ぎ湯冷めを防止し、塩分が毛穴を引き締めることにより肌をなめらかにします。

日帰り入浴をおこなっている施設は少ないのですが、温泉街にある和倉温泉総湯では日帰りでの入浴が可能です。
また、外にある足湯は無料ですので気軽に楽しむことができます。

和倉温泉総湯   【写真提供:石川県観光連盟】

 

<基本情報>
住所:石川県七尾市和倉町部6-2
電話:0767-62-2221
営業時間:07:00~22:00
定休日:毎月25日(土日の場合、翌月曜定休)
入浴料金:大人460円、小学生130円、未就学児50円
     ※タオル別途220円

もちろん、せっかく和倉温泉を訪れたのだからゆっくり宿泊したいという方も多いでしょう。和倉温泉でおすすめの宿泊施設をご紹介します。

加賀屋

毎年発表されている「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において総合1位を39回も獲得している、人生で1度は泊まってみたい旅館です。

宿泊客全員が心からくつろげるよう、『お客様に「ノー」と言わないその正確性とホスピタリティ』のおもてなしが魅力。
伝統芸能の輪島塗が施されたラウンジやフロントで、着いた瞬間から豪華な加賀の文化を堪能できます。
客室は雪月花・能登渚亭・能登客殿・能登本陣の4つの宿泊棟に分かれていて、一般客室から雪月花の上層階に位置する特別室・浜離宮まで、総数232室それぞれ細部までこだわったくつろぎの空間となっています。

お土産店が並ぶ錦小路や、全長80mにも及ぶショーや芸能を楽しめる錦大路、バーやカラオケなど館内施設も充実。
宴会場はなんと全部で42か所。コンベンションホールも備えていますので、大規模なパーティーなどにも利用できます。

<基本情報>
住所:石川県七尾市和倉町ヨ部80
電話:(予約センター)0767-62-4111
   (代表)0767-62-1111
公式HP:https://www.kagaya.co.jp/

ホテル海望

創業130周年を迎える老舗のホテル。その名のとおり、七尾湾を望む露天風呂と客室が魅力です。

中空から海と島山が織りなす景色を見下ろしながら、毎分50リットルという和倉温泉内でも豊富な湯量の温泉につかるひと時は格別です。
料理は目の前の七尾湾で獲れる新鮮な海の幸、能登半島の澄みきった空気とやさしい風土で育った能登牛をはじめとした山の幸をお好みで選べます。

10名以上の場合、団体予約で申し込みましょう。宴会などきめ細かなサポートをしていただけます。

<基本情報>
住所:石川県七尾市和倉町和歌崎部12-3
電話:0767-62-1515(受付時間09:00~20:00)
公式HP:https://www.kaibo.co.jp/

にぎやかな日本三大朝市!輪島朝市

輪島市河合町でおこなわれる輪島朝市は、岐阜の高山朝市・千葉の勝浦朝市とともに、日本三大朝市のひとつに数えられています。
その歴史は古く、平安時代には神社の祭礼日などに生産物を持ち寄って物々交換をおこなっていたことが始まりと言われています。室町時代には毎月4と9がつく日に開催されるようになり、明治時代になると毎日開催されるようになりました。

約360mの朝市通りには、通りの両側にびっしりと約200もの露店が並びます。
新鮮な海産物はもちろん、加工品や野菜、民芸品などを取り扱うお店も。
露店を開く場所は出店者ごとに決められており、親子で何代も引き継がれています。

輪島朝市   【写真提供:石川県観光連盟】

 

朝市を歩いているとあちこちから美味しそうないい匂いがしてきます。
もちもちとした生地にクチナシで色付けされた黄色いもち米をのせ、中には黒いこし餡が入っている「えがらまんじゅう」や、イワシやイカを塩漬けにした魚醤油の「いしる」を使用し黒ごまを散らして香ばしく焼き上げる「いしるせんべい」等の朝市名物の食べ歩きも楽しみのひとつです。

露店には値札の付いていない商品が多く、お店の方と会話を楽しみながら値段交渉をするのも朝市ならでは。

朝市の営業時間は朝8時から正午までですが、11時を過ぎると片付けはじめてしまうお店もありますので、早起きをして早めに訪れましょう。

<基本情報>
住所:石川県輪島市河井町
営業時間:08:00~12:00
定休日:1月1~3日、第2・第4水曜日
駐車場:輪島朝市 大型バス駐車場(住所:石川県輪島市河井町4−15)
    貸切バス25台駐車可
駐車料金:2,000円(マイクロバスは1,000円)
公式HP:https://asaichi.info/

世界農業遺産・白米千枚田

輪島市白米町にある白米千枚田。日本の棚田百選に認定され、国の名勝にも指定されています。
世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」のシンボル的景観です。
1,004もの小さな田んぼが重なって日本海の海岸まで続く絶景は、奥能登を代表する観光スポットになっています。

白米千枚田  

急勾配の斜面に小さな田んぼが並ぶため耕運機を使うことは出来ず、昔ながらの手作業でお米の栽培がおこなわれています。

毎年4月末から棚田に水が引かれ、5月上旬に田植えが始まります。棚田の水面には空が鏡のように映る絶景となります。
夏はみずみずしい緑と日本海の青のコントラストが美しく、秋には棚田一面が黄金色に染まり、冬は一面雪で白く染まります。
9月下旬から稲刈りをおこなった後10月中旬から3月中旬におこなわれるイルミネーションも、また違った表情を見せます。
日本海の波音と潮風を感じながら絶景を楽しみましょう。

貸切バスで行く場合、隣接する道の駅千枚田ポケットパークに駐車します。
千枚田ポケットパークではお土産店やレストハウスが有りますので、ゆっくりと買い物や休憩ができます。

また、白米千枚田の景観を守るためにスタートした「オーナー会員制度」があります。
年会費2万円を支払うとマイ田んぼ1枚を持つことができ、収穫米10kgと地元特産品などの特典と、マイ田んぼにはオーナー名の表柱を建立できます。
米作りの意欲のある方などの条件があり、毎年1月から募集が始まり先着200組限定になりますので、希望の方は公式HPをチェックしてみてください。

<基本情報>
住所:石川県輪島市白米町
電話:0768-23-1146(輪島市観光課)
駐車場:(道の駅千枚田ポケットパーク)石川県輪島市白米町ハ部99番地4
    貸切バス5台駐車可
公式HP:http://senmaida.wajima-kankou.jp/

貸切バスのご依頼はバスコンシェルジュへ

いかがでしたか?
今回は石川県の中~北部、能登方面をご紹介しました。
県南部とは違う、能登半島の雄大な自然を満喫できるスポットが沢山あります。

電車や路線バスでは少し行きづらい場所も、貸切バスなら目的地まで楽々です。
行程内容も自由に設定できますので、朝市に行きたいから早い時間に出発したい!なんて要望にも応えられます✨

バスコンシェルジュでは、豊富な実績を基にお客様のご要望やご希望に合わせた貸切バスを最安値でご案内いたします。
お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください!